女子テニス選手 コーチから性的暴行を受けたと訴え 事後にパニック発作など

女子テニスのカイリー・マッケンジー選手(23)が元コーチであるアニバル・アランダ氏に性的暴行などを受けたと会見で話し、法的手段に訴えるとしました。

アランダ氏はアメリカのテニス協会のコーチをつとめていました。マッケンジー選手の弁護士によると、テニス協会はアランダ氏をマッケンジー選手の担当にする際に、アランダ氏のほかの女性などへの性的暴行の過去を知っていたと主張しています。

マッケンジー選手は2015年頃、NYのナイトクラブで、アランダ氏から胸をわしづかみにされ、服の上から局部を触られたとしています。「マッケンジー選手に初めてセクハラ行為をしてからは、アランダ氏は彼女に襲いかかり、最もプライベートな部分をさわり始めた。マッケンジー選手はなんとか逃げだしました」と弁護士は続けました。マッケンジー選手は会見で、性的暴行を受けた後、パニック発作を起こすようになり、不安とうつの症状が出るようになったといいます。アメリカのNYタイムズなどによると、アランダ氏はこの訴えに対し、全面的に否定していて、テニス協会がマッケンジー選手のサポートをしなくなったため、作り話をしていると主張しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post 広島 往年の名選手が集結!江夏豊vs山本浩二の“レジェンド対決”が実現
Next post 【詳しく】地震多い?各地で震度4 巨大地震リスク 最新見解は – joyonews.ne.jp