【詳しく】地震多い?各地で震度4 巨大地震リスク 最新見解は – joyonews.ne.jp

今週、各地で震度4が相次ぎました。「巨大地震の前触れか」と心配になった方もいると思います。

気象庁の担当者は「確かに多い」としながらも「それぞれの地域の活動には関係があるとは考えにくい」と話しています。専門家は、最近揺れている地域には特有の背景があり、警戒が必要な点があると指摘しています。最新の見解を地域別にまとめました。(※記事の最後に地震への備えの記事も掲載しています)

4月7日までの1週間に、震度3と4の揺れを観測した地震が東北、関東、近畿、北陸、東海と各地で起きています。震度4以上でみると先月以降、8日夜遅くにかけて18回。ことし1月と2月が3回だったのに比べると、確かに多くなっています。 一連の地震の関係について気象庁の宮岡一樹地震情報企画官は8日、地震活動を解説する定例の会見で「確かに震度4以上の地震が多いなと私も思います」と話しました。

「ただ…」と宮岡企画官はことばをつなぎました。「地震活動は一様に起きているわけではなく、多い時期と少ない時期があります。この期間は集中して、ある程度の規模の地震が起きたのだろうと思っていて、特に異常だとは考えていません」と説明しました。それぞれの地域の活動も関係があるとは考えにくい、ということです。その一方、気象庁も専門家も、地域ごとに注意すべき点があるとしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post 女子テニス選手 コーチから性的暴行を受けたと訴え 事後にパニック発作など
Next post アストラゼネカのワクチン 4000万回分の購入キャンセル 厚労省 – joyonews.ne.jp