竹林から赤ちゃん遺体 母親(32)を殺人容疑で逮捕

先月、愛媛県新居浜市の竹林で赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、警察は32歳の母親を殺人の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、新居浜市船木甲のアルバイト従業員・立野由香容疑者(32)です。警察によりますと、立野容疑者は先月上旬頃に男の子を出産し、その後、自宅近くの竹林か、その周辺で殺害した疑いが持たれています。

この事件は、先月13日、新居浜市船木の竹林でタオルのようなものにくるまれた、生後1週間ほどとみられる男の赤ちゃんの遺体が見つかったものです。警察は、聞き込みや防犯カメラの映像などから立野容疑者を特定し逮捕しました。またDNA鑑定により、赤ちゃんと立野容疑者の間に親子関係が認められたということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post アストラゼネカのワクチン 4000万回分の購入キャンセル 厚労省 – joyonews.ne.jp
Next post Mr.Children、“デビュー30年記念” ベストアルバムが史上初の快挙