鉄道会社決算 9割近くが運輸事業で赤字 コロナで利用客減

東京証券取引所に上場する全国25の鉄道会社の昨年度の決算は、鉄道を中心とする「運輸事業」が9割近くにあたる22社で赤字だったことがNHKのまとめで分かりました。長引く新型コロナの影響による利用客数の落ち込みで、厳しい事業環境が続いています。

NHKは、東京証券取引所に上場するJR4社と私鉄21社の合わせて25社の昨年度1年間の決算が今月までに出そろったことを受けて、内容をまとめました。それによりますと、鉄道を中心とする「運輸事業」は、全体の9割近くにあたる22社が赤字でした。

赤字額は、▽JR東日本が2853億円、▽JR西日本が1443億円、▽JR九州が222億円などとなっています。運輸事業の赤字は、新型コロナウイルスの感染拡大前にあたる2019年度は1社でした。しかし、感染症の影響が長期化し、利用客数が落ち込んでいることで、厳しい事業環境が続いています。運賃収入の内訳を把握できた23社を見ますと、「通勤・通学定期」の収入の合計は、2019年度と比べて22%の減少でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post Mr.Children、“デビュー30年記念” ベストアルバムが史上初の快挙
Next post なぜ3年も? 阪神高速の一部区間 6月1日から約3年間通行止めに