なぜ3年も? 阪神高速の一部区間 6月1日から約3年間通行止めに

大阪の中心部につながる阪神高速道路の一部が6月1日からおよそ3年間、通行止めになります。 阪神高速14号松原線の一部、およそ2.5キロの区間。老朽化で改修工事が行われるためですが、なぜ3年間も通行止めになるのでしょう?

阪神高速14号松原線は、一日におよそ6万台の車が通行する、大阪の大動脈の1つです。この松原線の、三宅ジャンクションと喜連瓜破(きれうりわり)出入口の、およそ2.5キロの区間が、およそ3年間、通行止めになります。通行止めになる区間を、上空から見てみました。

画面の手前、松原方面から大阪方面に向かって大きくカーブしているところが、三宅ジャンクションです。この三宅ジャンクションから画面の上、大阪市内の方向に進み、川を渡ったところに、平野区の「喜連瓜破」の出入口があります。 通行止めの理由となったのが、喜連瓜破付近の橋梁です。

松原線が開通したのは1980(昭和55)年で、開通から40年以上がたっています。喜連瓜破にある橋梁は、両側の橋脚から橋を造りながら延ばしていき、真ん中でつなぐ「ヒンジ構造」というものになっています。建設当時としては最先端の構造でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post 鉄道会社決算 9割近くが運輸事業で赤字 コロナで利用客減
Next post “コロナ感染者数 減少傾向も対策徹底を” 厚労省専門家会合