中国は、米国が航空宇宙研究大学をハッキングしたと述べている

中国は、米国のスパイ機関が、政府が資金を提供する大学を航空学および宇宙研究プログラムでハッキングしたとして非難している。

国家安全保障局のテーラード アクセス オペレーション オフィスが西安の西北理工大学への攻撃を実行した、と中国の国家コンピュータ ウイルス緊急対応センターは声明で述べた。6 月に海外からの攻撃が報告された後、同センターと 360 Security Technology のチームが大学の情報システムを分析した、と同センターは付け加えた。

NSA は近年、中国を標的とした「悪質な」サイバー攻撃を 10,000 回以上実施し、140 ギガバイトを超える「非常に価値のある」データを収集したと述べています。NSA と国務省は、この主張についてコメントすることを拒否した。

北京とワシントンは、サイバースパイをめぐるますます激しい言葉の戦争に従事しており、中国はその告発でアメリカ政府機関の名前をより直接的に挙げるようになっています. 米国は、国家安全保障目的で実施する作戦と、中国が米国企業に対して行っていると非難する産業スパイとを区別しようとしている。

中国はこれまで、ハッキングの犠牲者を自称し、米国を「ハッカーの帝国」と一蹴し、米国のスパイ活動に関するほぼ 10 年前の元 NSA 請負業者エドワード・スノーデンの暴露を指摘して、こうした批判に対応してきました。その中には、NSA が中国のトップ研究センターの 1 つである清華大学のコンピューターにハッキングしたという主張もありました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post 研究: 抗ウイルス薬であるテコビリマットは、サル痘の治療に安全で効果的です。
Oil dips on symbolic OPEC Next post 象徴的な OPEC+ 減産で原油安