Oil dips on symbolic OPEC

象徴的な OPEC+ 減産で原油安

10 月に日量 100,000 バレルの生産量を削減するという OPEC+ の合意が、市場の最近の下落を食い止めるための主に象徴的な動きと見なされたため、石油価格は火曜日の早い段階で下落し、前のセッションの 3% の上昇を抑えました。
ブレント原油先物は 0054 GMT に 33 セント (0.3%) 下落して 1 バレル 95.44 ドルになりました。
米国西テキサス中間体 (WTI) 原油先物は、月曜日から 1 バレル 89.13 ドルまで上昇し、金曜日の終値から 2.26 ドル (2.6%) 上昇しました。 米国の労働者の日の休日である月曜日に和解はありませんでした。

石油輸出国機構とロシア主導の同盟国は、OPEC+と呼ばれ、9 月の 100,000 bpd の引き上げを取り消すことを決定した.

サウジアラビアが価格を押し上げたいと述べた後でさえ合意を予期していなかったアナリストは、OPEC+がその生産目標を達成できなかったことを考えると、削減はほとんど象徴的であると述べた.
ANZリサーチのアナリストはリポートで、「この動きは、引き下げが短期的には需要と供給のダイナミクスにほとんど影響を与えないという事実にもかかわらず、彼らが価格を維持することに真剣に取り組んでいることを示している.

欧州連合の外交政策責任者は、価格をさらに下支えし、イランとの核合意を復活させるための合意にすぐに達することにあまり期待していないと述べた.
ウェストパックの上級エコノミスト、ジャスティン・スマーク氏は、イラン産原油の返還は、おそらくロシア産の減産を相殺するだろうと述べた。

彼は、OPEC+は石油が1バレル約90ドルを保持していることに満足すべきだと述べた.
「成長ショック、金利上昇、ドル高があり、価格は市場の逼迫を反映して意味のある意味で下落していない。なぜOPECがそれを変えたいのか理解できない」とSmirk氏は述べた。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post 中国は、米国が航空宇宙研究大学をハッキングしたと述べている
1,400件の破産に見舞われた英国の産地 Next post 1,400件の破産に見舞われた英国の産地