AI による救助: 放射線医学が患者データを把握する方法

アプリケーションを放射線ワークフローに統合するクラウド対応の AI ベースのソリューションは、データ管理を合理化し、「壁のない放射線科医」の概念を実現する 1 つの方法であり、治療の効率と質を向上させます。

精密な健康診断への移行は、データとサービスに対する需要の増加の主な要因です。放射線部門では、スタッフ不足によってこのプレッシャーが高まっています。多くの放射線科医は定年に近づいていますが、新しい世代に取って代わられていません。

これらの傾向により、患者ケア経路の管理がより複雑になっていますが、地域プロジェクトや合併の数が増加し、さらに多くのデータ ストリームが作成されているため、課題は悪化しています。

強化されたスマート ワークフローと合理化されたアーキテクチャを備えた最新の臨床表示プラットフォームは、画像部門 (および企業全体) に完全に統合されたデータ サービスを提供し、放射線科医と臨床医の両方の作業負荷を軽減します。

スマート コラボレーション

放射線科医は、経験豊富なエンタープライズ イメージング パートナーと協力することで、患者ケアへの集中力を高めることができます。パートナーは、クラウド対応の柔軟なホスティング アプローチの利点を達成するのに役立ちます。つまり、生産性と効率の向上、および部門または企業全体でのリソース割り当ての保証です。患者データへのクロスシステム アクセスにより、適切なデータが常に適切なタイミングで臨床医に提供されます。

クラウド対応のソリューションは、病院や部門が IT リソースをより効率的に使用するのにも役立ちます。インテリジェントなワークフローは、放射線部門が報告時間を短縮するのに役立ちますが、AI がシステムに統合されると生産性も向上し、診断の精度が向上し、生産性が向上します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post パーキンソン病における鼻マイクロバイオームの役割
Next post 研究: 抗ウイルス薬であるテコビリマットは、サル痘の治療に安全で効果的です。