日本政府、サイバー攻撃への親ロシア派グループの関与の可能性を調査

松野弘和官房長官は水曜日、複数の政府ウェブサイトの失敗を受けて、日本は親ロシア団体の関与の可能性を調査していると述べた。

4 つの政府省庁の 20 以上の Web サイトが火曜日の夜にアクセスできなくなりましたが、同じ日に復旧しました。

政府は情報漏えいを確認しておらず、障害がサービス拒否 (DDoS) 攻撃によるものかどうかを調査していました。

DDoS 攻撃では、ハッカーはネットワークを麻痺させるために異常に大量のデータ トラフィックでネットワークをフラッディングしようとします。

日本のデジタル機関はツイートで、e-Gov 管理ポータルのオンライン申請サービスでもサインインの問題が発生していると述べました。

親ロシア派グループ「キルネット」はソーシャルメディアで攻撃の責任があると述べたと公共放送局NHKが報じた。

松野氏は毎日のニュースブリーフィングで、「(Killnet)ハッカーグループが攻撃の背後にあることを示唆していたことは認識していますが、現時点では、その関与を含め、失敗の原因を調査しています」と述べています.

「(Killnet)ハッカー グループが複数の国にサイバー攻撃を仕掛けると脅しており、ロシア政府と関係があると言う人もいると理解しています。政府としての私たちの立場を考えると、私たちはそれに反応しません。」

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post ジェニファー・ローレンスは子供を持つことを楽しんでいます。
Next post 米国、「ハイテク」企業による中国での施設建設を 10 年間