日本の第 2 四半期 GDP は、企業支出の増加により上方修正

日本経済は第2四半期に当初の予測を上回って成長したことが、政府のデータが木曜日に示した.企業による設備投資の増加は、COVID-19パンデミックと円安の長引く影響を相殺するのに役立った.

4月から6月にかけての日本経済は、前四半期と比較して0.9%拡大し、速報値の0.5%を上回りました。年率ベースで、経済は 3.5% 成長し、最初の読み取り値である 2.2% から上昇し、前四半期の読み取り値である 0.1% を大幅に上回りました。

データは、世界第 3 位の経済大国が、安定した消費者支出と企業支出に支えられて、COVID 前のレベルで快適に過ごしていることを示しています。先週の統計によると、日本企業の設備投資は第 2 四半期に 4.6% 急増しました。これは、COVID-19 の抑制が緩和された結果、成長の改善に賭ける企業が増えたためです。

しかし、この傾向は今後数か月で逆転する可能性があり、7 月の新たな COVID の発生により規制が再導入された後、日本の経済成長が危機に瀕する可能性があります。

日本経済はまた、急激なインフレとコモディティ価格の上昇による極度の圧力にさらされており、どちらも円安になっています。米ドルが相対的に強かったため、今週、日本の通貨は 24 年ぶりの安値である 1 ドル 144 ドルまで下落しました。

燃料費と食料費の上昇により、日本のインフレ率は 7 月に 7 年以上の高水準に達しました。

日本銀行はこれまでのところ利上げに消極的であり、世界の主要銀行の中でも異例の存在となっています。これもまた円を圧迫し、日本経済を圧迫している。

最近のデータはまた、前月の日本の家計支出が予想よりも遅いペースで伸びたことを示しており、円安とインフレの上昇が、日本経済の主要な原動力の1つである消費者に重くのしかかっている可能性があることを示しています.

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post ジャスティン・ビーバー、健康上の理由でツアーを一時中断
Next post ロード・オブ・ザ・リングの俳優たちが、アマゾンの新シリーズのキャストに対する人種差別的批判を非難