チップ生産で中国や日本よりも米国を選ぶ業界:バイデン

ジョー・バイデン大統領は、ここでこれらの組織による2つの重要な憶測を報告した際に、世界のチップ製造業界が中国や日本などの国よりも米国を選んで工場を設立していると述べた。

「中国、日本、韓国、欧州連合 – この多数のスポットは効果的な資金管理であり、チップメーカーを自国に引き寄せるための巨額のドルです。しかし、業界のパイオニアは米国を選んでいます。アメリカが戻ってきて、アメリカが先導している」とバイデン氏は金曜日、オハイオ州ニューアルバニーのインテル ピボタル サイトで語った。

アメリカが作った。NASAの月ミッションを管理していました。政府の投機により、これらのチップの製造費用が削減され、市場と業界全体が形成されました。その後、ずっと前に、アメリカは世界のチップ生産の 30% 以上を持っていました」と大統領は宣言しました。

「その後、何かが起こりました。私たちの経済の基盤であるアメリカ生産は空になりました。組織は海外、特に現代の中西部から海外に拠点を移しました。さらに、今日、私たちは世界のチップの10%をほとんど提供していません。チップの検討と計画です」と彼は言いました。

「さらに、Covid パンデミックの際に見たように、これらのチップを製造する加工工場が閉鎖されると、世界経済が停止し、世界中を除く家族やここにいるすべての人にコストがかかります。実際のところ、33% の昨年のセンターの拡張は、自動車の製造に必要な半導体が不足しているため、自動車のコストが法外に高騰したためです」と彼は言いました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post 日本は円安に介入を検討している。
Next post 彼女は肥満の流行が来るのを見ました。その後、予期せぬ発見が彼女を論争に巻き込みました。