日本は円安に介入を検討している。

米ドルに対する円の価値は下落し続けており、輸入費用の上昇によって日本経済に損害を与えています。通貨に影響を与える変数が多数あるため、通貨の価値の変化を予測することは困難な場合がありますが、一部の経済学者は、最近の円安を緩和する手段があるかもしれないと考えています。円は今月初めに重要な 140 ラインを下回り、今週の 24 年ぶりの安値の前に 145 レベルにほぼ達しました。市場は、円が今年 20% 以上下落した後、円が 1998 年 8 月に設定された 147 の水準を超えるかどうかを監視しています。

最近の急速な減少について、「ブレーキのない車を運転しているようなものだ。ブレーキシステムが壊れているので、いつ止まるか分からない」とJPモルガン・チェースの佐々木徹氏は先週のテレビ東京の番組で語った。
しかし、佐々木氏は、日本銀行の超緩和的な金融政策の正常化を含むいくつかの措置が円安を食い止める可能性があると付け加えた.
彼は、日銀が緩和的な金融政策を維持すれば、日本と他国との金利差が拡大し、投資家が利回りの低い円を借りて利回りの高い資産に投資し、金利を下げるようになると主張しています。彼は、より多くの円資金で取引を行うことが可能になるだろうと述べた. ギャップ。円資金によるキャリー取引の増加は、円安を加速させる可能性があります。

金利差は拡大している。欧州中央銀行は先週、地域のインフレを抑えるために金利を 75 ベーシス ポイント引き上げる決定を発表しました。スイス国立銀行は、9 月 22 日に予定されている次の会議でマイナス政策金利を終了することを決定する可能性があります。そうなれば日本だけがマイナス金利の国となる。金利差が拡大する中、日本銀行は重要な役割を担っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post 石油は供給の脅威に支えられているが、需要の懸念から毎週下落する見通し
Next post チップ生産で中国や日本よりも米国を選ぶ業界:バイデン