気管支拡張薬は COPD のない人の喫煙関連の呼吸器症状を改善しない

国立衛生研究所の支援を受けている研究者は、デュアル気管支拡張薬 (気道を弛緩させて呼吸を楽にする持続時間の長い吸入器) は、慢性閉塞性肺疾患 (COPD) を患っていないが、持っている人にはほとんど役に立たないことを発見しました。呼吸器症状と喫煙歴。   

COPD は、気道を閉塞し、咳、喘鳴、息切れを引き起こす肺疾患で、約 1,500 万人のアメリカ人が罹患しています。しかし、喫煙している、または以前に喫煙していて COPD の症状がある何百万人もの人々が、気管支拡張薬を処方されています。   

「これらの薬剤は COPD の肺機能基準を満たさない患者に有効であると想定していましたが、確認したことはありませんでした」と主任研究者で研究の筆頭著者である MD は述べています。「これらの既存の薬はこれらの患者には効かないことがわかっています。」  

国立心臓、肺、血液研究所 (NHLBI) によって資金提供されたこの研究の結果は、 ニュー イングランド ジャーナル オブ メディスンに掲載され 、同時に欧州呼吸器学会国際会議で発表されました。   

科学者によると、その影響は重大です。第一に、彼らはスパイロメトリーによって肺の状態を診断することの重要性を示しています。Han が指摘した肺機能検査は、臨床診療では十分に活用されていません。第二に、COPD のない患者のための新しい効果的な治療法の必要性を示しています。

吸入器は長い間、これらの患者の主な頼りになる治療法であった、と彼女は説明した. しかし、タバコの喫煙は幅広い範囲の肺損傷を引き起こしますが、気管支拡張薬療法は、スパイロメトリーの異常値をもたらすほどの肺損傷のある患者にのみ役立つことが示されました. 

Pulmonary Trials Cooperative (リンクは外部)  (RETHINC)の初期 COPD における治療の再定義の一部である 12 週間の無作為化二重盲検試験では、研究者は 40 歳から 80 歳の COPD の症状を持つ 535 人の成人を登録しました。 、20 の米国の医療センターの 1 つで。毎日 2 回、研究参加者は薬物またはプラセボのいずれかを含む吸入器を使用しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post パンデミックの予防、準備、および対応のための新しい基金が正式に設立されました
Next post ニューヨーク市近郊の追加の廃水にはポリオウイルスが含まれています