石油は供給の脅威に支えられているが、需要の懸念から毎週下落する見通し

積極的な利上げと中国のCOVID-19抑制が需要の見通しを圧迫したため、原油は2週目の下落に向けて設定されたものの、金曜日の石油は供給の実質削減と脅迫された削減に支えられて上昇しました。

ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、価格上限が課された場合、ヨーロッパへの石油とガスの輸出を停止すると脅し、今週発表されたOPEC+の石油生産計画のわずかな削減も価格を下支えした.

ブレント原油は 1.24 ドル、または 1.4% 上昇し、0810 GMT までに 1 バレル 90.39 ドルになりました。米国西テキサス中間(WTI)原油は1.05ドル、または1.3%上昇して84.59ドルになりました。

石油ブローカーPVMのスティーブン・ブレノック氏は「西側諸国は今後数カ月間、ロシアのエネルギー供給を失い、原油価格が高騰するリスクに対処しなければならないだろう」と述べた。

ブレントは、ロシアがウクライナに侵攻した後、不況と需要への懸念から圧力を受けて、過去最高の147ドルに近づいた3月の急騰から急激に下落しました。

金曜日の反発にもかかわらず、両方の原油ベンチマークは毎週2%以上の下落に向かっており、今週のブレントは1月以来の最低値を記録しました。

CMCマーケッツのアナリスト、ティナ・テン氏は「全体的にリスクセンチメントが回復しているため、原油価格の下落は当面一時停止する可能性がある」と述べ、ドル安と債券利回りの低下が景気を下支えしていると付け加えた。 リスク資産の反発。

供給の逼迫が市場を支えている一方で、欧州中央銀行による今週の前例のない 75 ベーシス ポイントの利上げと、中国での COVID-19 によるロックダウンの増加が重しとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Previous post ニューヨーク市近郊の追加の廃水にはポリオウイルスが含まれています
Next post 日本は円安に介入を検討している。