花粉症とオミクロン株 よく似た症状 どう対応?

花粉症とオミクロン株 よく似た症状 どう対応?

ことしも「花粉症」のシーズンがやってきました。毎年、くしゃみや鼻水などに悩まされる人が多いのではないでしょうか。
「時間ができたら」、「症状が本格的に出てくれば」、医療機関を受診しようという人もいるかもしれません。

ところが、ことしはさらに注意が必要です。新型コロナウイルスのオミクロン株は、花粉症と症状が似ているため見分けがつかないおそれがあるためです。コロナ禍の花粉症、どう対応すればいいのでしょうか。オミクロン株と花粉症は症状が似ているとして、ウェブサイトで注意を呼びかけているのは、日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会です。

「鼻水、くしゃみ、鼻づまり、嗅覚障害、倦怠感といった花粉症の症状は、新型コロナウイルス感染症、特にオミクロン株と共通の症状です。花粉症の症状があると、ご自身がウイルスに感染しているかわかりにくくなってしまいます」(学会の呼びかけ文)呼びかけについて、学会で新型コロナ対策チームの責任者を務める木村百合香医師に詳しく聞きました。

木村さんは「花粉症とオミクロン株は鑑別が難しい」と言います。「花粉症の3大症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの鼻の症状です。ほかに代表的なものとしては、目のかゆみ、のどの痛み、のどのイガイガ感といった症状、せきがあります。さらに、軽い頭痛が出る方もいますし、けん怠感や耳のかゆみが出る人もいます」(木村百合香医師)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。