[くずかごの唄54]時代に翻弄された教育 難しいことをやさしく、優しいことを深く

photoID:66245_1
挿絵 楠 陽子

 生活者としての目。医療に関わる薬剤師としての目を、井上ひさし流に表現すると「難しいことをやさしく、優しいことを深く、深いことを愉快に、愉快なことを生真面目に書くこと」そんな文章が書けたらと願いながら、つたないエッセイ「くずかごの唄」を書いてきた。  幼い時は「話し言葉」のリズム、節、敬語の使いかたなど、実にうる…続きを読むにはログインが必要です。
ユーザー名:
パスワード: