[平熱日記136]錆と煤

photoID:65581_1
 パリで2年目に住んだ所は、セーヌ川を臨む国際芸術村。アトリエ兼住居になっている部屋が集まった建物。世界中からの有名無名のアーティストが暮らす建物。  パリのいいところの一つはテレビがつまんないところ。でも子どもにとってはテレビは魅力的。私の住む階にはテレビ室があって、そこに長女をたまに連れて行っていました。 …続きを読むにはログインが必要です。
ユーザー名:
パスワード:


こちらの記事もどうぞ