県南も雪景 色路面凍結など注意呼びかけ

photoID:62375_1
うっすらと雪化粧した小町の館近くの橋=午前9時ごろ、土浦市小野

 日本の太平洋側と日本海側で低気圧が東へ進んだ影響で9日午前、大雪注意報が発令された県南地域の土浦、つくば市でも雪が降り、うっすらと雪化粧した景色が見られた。

 土浦市の朝の最低気温は0・5度となり、同市小野の都市と農村交流施設、小町の館では午前9時ごろ、強い雪が降り始め、田や畑などが一面白く覆われた。

 水戸地方気象台によると、10日朝にかけて雪や雨の降るところがある見込みで、同日午後6時までの24時間に、本県南部では多いところで5センチの積雪が予想されるという。路面の凍結による交通への影響に対し十分な注意が必要と呼び掛けている。
(谷島英里子)