社長メッセージ

kurumisawa

65年の歴史を持つ常陽新聞の題号を引き継ぎ、つくば市に本社を構え新創刊してから、2月をもちまして新創刊2周年を迎えました。これまで支えていただいた読者の皆さま、並びに関係各位に厚く御礼申し上げます。

 

この1年間、つくば市では総合運動公園計画に関する住民投票が、また土浦市では市議選と市長選が行われ、新市庁舎もオープンしました。さまざまな動きのあるこの地域で、地元住民の生活に密接にかかわるニュースを、地域唯一の日刊紙としてこれからも詳しく、わかりやすくお伝えしてまいります。

 

本紙とパソコン版に加え、スマートフォン版も昨年正式にオープンしました。今後も使いやすさの向上や検索機能の充実、ユーザーとのコミュニケーションを図るコメント機能など、スマートフォン版の独自機能も追加していく予定です。

 

地域メディアの発展は地元の活性化と共にあります。地元の方々が地域で起きている、さまざまな出来事に関心を持ち、自らも関わりながら地域と交わっていく、そうした活動をメディアとしてサポートしていくことも私たちの重要な役割であると考えています。

 

3年目の正念場を迎え、地域メディアを事業として確立させることを最大の目標として尽力してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

 

2016年2月

代表取締役社長
楜澤 悟